土地について調べてみること

 

こんにちは、エスコンの森田です。

 

一から土地を購入して戸建賃貸「エクリュ」の建築を考える方は多くいらっしゃいます。
しかし、土地を購入していざ建てるときに後悔する方も少なくありません。
なぜなら、購入した土地を建築可能な土地にするための費用が発生する可能性もあり、

場合によっては建てられないこともあるからです。

 

戸建賃貸 福岡

 

後悔しないためにも、その土地について事前にしっかり調べることが重要だと思います。

 

 

では、土地について何を調べる必要があるのでしょうか?

 

デザイナーズ戸建

 

正確な土地の形状を把握し実際に測量してみることで、敷地の面積と公簿面積が一致するかを確認します。
公簿面積は面積が不正確な場合があり、一致しないケースも少なからずあるからです。

その場合は、実測の面積に合わせて建物の配置プランを検討する必要があります。

 

また、道路や隣地との高低差を把握しておくことも大事です。
高低差が大きい場合は、擁壁を作らなくてはならない場合があるので、

すでに擁壁がある場合は、強度や水抜き穴があるかなどを見て、もし擁壁を施工し直す必要がある場合、

その費用も考えなくてはいけません。

 

デザイナーズ戸建

 

 

 

 

加えて、上下水道などの有無も調べたほうがいいと思います。
水道の引き込み管の口径によって価格も違いますし、新規の引き込みをする場合は工事費用がかかってきます。

 

戸建賃貸 福岡

 

デザイナーズ戸建

 

 

敷地には、建築基準法や都市計画法などの法律による規制があります。
通常の住宅が建てられるのは「宅地」と定められた土地であり、

都市計画法に基づき、その土地にどんな建物が建てられるかが決められています。

 

また、それぞれの区分に応じて、建ぺい率・容積率、高さ制限、斜線制限などの規制も定められています。
建ぺい率・容積率は、敷地に対してどのくらいの大きさの家が建てられるかが決まりますので、大変重要です。
高さ制限・斜線制限は主に採光や通風を保つための決まりがあります。

 

そのほか、敷地の前面道路は幅4m以上でなくてはならず、4m未満の場合は、

道路の中心線から2メートルの線まで道路の境界線を後退させなければならないという規制もあります。

 

戸建賃貸 福岡

 

多くの方が、不動産会社や建築会社からの紹介、ネット媒体、広告等で土地を選ぶと思いますが、
そこで見る物件資料だけでなく、実際に現場に行き目で見て確認することは大事なことです。
実際に建てたときのイメージを膨らますことが出来ると思います。

 

また、意外と知らない法律の問題もあるので、頭の隅に置いて頂ければと思います。

 

 

様々な土地が売りに出ている中で、金額や形状などで購入を決めることも大事ですが、
使用する用途によって、しっかりとした土地を見極めることが重要だと思います。
金額が安いのにはそれなりの理由があるということです。

 

デザイナーズ戸建

 

戸建賃貸「エクリュ」は狭小地や変形地でも土地活用が可能で、立地が多少悪くても高い入居率を維持できます。
土地の相談など気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

土地活用の悩みや、賃貸経営でのご相談などございましたら、ご連絡お待ちしております。