『戸建賃貸エクリュ』のメンテナンスコストを減らす方法

皆さんこんにちは!

 

『戸建賃貸エクリュ』は、基本的に建物正面は真っ白な外壁ですが、横や裏の外壁・屋根といった面にはガルバリウム鋼板という金属板を使っています。

 

ガルバリウム鋼板

 

 

理由は、建てた後の塗装の塗り替えといったメンテナンスコストを減らす為です。

 

ガルバリウム鋼板とは、亜鉛とアルミの合金で鉄をメッキした材料で、アメリカで開発されました。

高い耐久性を誇り、特別な手入れが不要なため、メンテナンスコストの低減につながります。

 

だからと言って、すべての面をガルバリウムにしてしまうと、ちょっと殺風景ですよね!

ですので、建物の顔になる面は真っ白の塗装仕上げにして、人目に触れにくいところにはガルバリウム鋼板というように使い分けているのです。

 

 

また、『戸建賃貸エクリュ』のシンボルツリーは、シマトネリコという常緑の樹木です。

 

           

 

エクリュのシンプルなイメージにもよく似合い、近年人気のある樹木です。

 

またこの木は常緑樹なので、冬の間も葉が残り見た目も殺風景になりません。

寒さや病気にも強いのでお手入れにあまり気を遣う必要が無く、年に一度程度剪定をしていただくだけでOK!

手が掛からないメンテナンスコストが掛からない為に賃貸物件に非常に向いています。

 

最近では、シンボルツリーをつけないというお客様もいらっしゃいます。

 

メンテナンスコストが掛からないということは運営費を下げることになるので、安定したキャッシュフローとなります。

長期での運営を考えているお客様にとっては非常に魅力的なことだと思います。