ある打ち合わせ時の1コマ

 

先日、関係業者さんを呼んで納まりの打ち合わせをしていた時の1コマです。

突然ですが、この金属の部材は何か分かりますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は「唐草(からくさ)」です。

唐草とは?

 

→屋根を囲い込む部材で、軒先やケラバなど外周に廻す部材をいいます。

 

軒先などの部分が風などで剥がされたりすることを防いだり、屋根からの雨水の水切れをよくしたりするものです。

 

唐草

 

エクリュでいうと、下の画像の部分になります。

 

今回は今までと少し違う納まりを考えており、板金業者さんが試作してきてくれました。

実物を見ると非常に分かりやすく、打ち合わせしやすいですね。

 

 

普段、誰からも気付かれる事の無い影の薄い部材ですが、雨対策の重要な役割を担っているのです。

また、大きさや色・形状によって建物のデザインにも影響を与えるあなどれない相手、それが「唐草」なのです。