エクリュの名前の意味

『ecru – エクリュ』とは、フランス語で「生成り色」「まだ染める前の生糸の色」を表す色の名前です。
そこから転じて、「入居者の方の家具・車・洋服・暮らし方で染めていける、

キャンバスのような存在(器)になって欲しい」という意味を込めました。

 

 

敢えて色を使わない、敢えて細部まで作り込み過ぎない。

 

無駄を削ぎ落としてとことんまでシンプルに仕上げる事で

制約を設けずさまざまな入居者の方の生活を受け止められる、

そういう住まいを目指しています。