相続が争族にならないための戸建賃貸投資

 

こんにちは!森田です。

今回は相続について考えてみます。

 

相続で大切なのは、生前にできるだけ財産をシンプルにしておくことです。
もし自宅以外の不動産を多く所有している場合、残された遺族が売却するとなると負担が大きいですよね。。

 

遺産分割協議書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に相続が発生した場合には、相続人同士での遺産分割協議が行われます。
不動産のように分割の難しい財産の場合、遺産分割でもめるなんてことはよく聞く話です。

 

相続によって取得した不動産を相続人の共有名義にすることも可能ですが、
将来相続が発生した場合に複雑になる可能性が高いためおすすめはしません。

 

不動産投資をすることで不動産の評価額を下げるなど節税対策をすることもいいのですが、
争族を避けたいのなら現金化するのがいいと思います。

 

相続 不動産投資

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも将来への積み立てとして投資不動産を所有したいという方には戸建賃貸が有効です。
アパートやマンションを建築してしまうと、その1棟を誰が相続するかでもめることになります。

 

しかし、戸建賃貸であれば、1戸ごとに分割することが出来るため平等に分割することが可能です。
また、共有名義になるリスクもありませんし、それぞれを売却することも容易に可能です。

 

 

戸建賃貸 エクリュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち家族は仲がいいからもめることなんてないと思ってないでしょうか?

 

争族は意外と他人事ではなく身近な問題だということを理解し、

相続に関する対策は、生前にきちんと行うことが大切なのです。