建物の構造 それぞれの特徴について

皆さんこんにちは。

 

建物の構造にも様々な種類があります。

挙げていけばかなりの数になるのですが、一般的に掲載されているのは、RC造、S造、W造の3種類です。

 

今回は、それらの特徴についてお話ししたいと思います。

 

 

RC造

 

まずRC造ですが、これは鉄筋コンクリート造と呼ばれ「Reinforced-Concrete」の略です。

かなり頑丈な建物ですが、それだけ建設コストもかなり高くなることが多いです。

 

鉄材とコンクリートの併用のため、非常に耐久性と耐震性に優れています。

ですが、木造と比較すると夏は暑く、冬は寒いのが難点です。

 

S造

 

次にS造ですが、これは「steel」の略で、骨組みに鉄骨を使用して作られたものをいいます。

 

さらに鉄骨の厚みによって「軽量鉄骨造」と「重量鉄骨造」とに分けられます。

材料のほとんどを工場で作っているため、軽量鉄骨・重量鉄骨にかかわらず工期は短いです。

 

S造も頑丈な建物なので誤解をされている人が多いのですが、意外にも火災に弱いという一面を持っています。

ですので、火災の時に素早く消火できなければ、一気に崩れ落ちる危険性があります。

 

W造

 

最後にW造ですが、これは「wood」の略で、木造のことです。

材料費、コストが安いですが、火災に弱く、風雨により劣化しやすいです。

 

強度という点ではRC造やS造にはかないませんが、補強や増改築は一番容易にできる構造ですので、耐震補強などはわりと簡単に行うことができます。

 

デザイナーズ戸建

 

まとめ

 

『戸建賃貸エクリュ』の構造は木造になります。

 

耐震、耐久等のデメリットも「エクリュ金物工法」によって払拭されます。

構造用集成材は、木材を十分に乾燥させ、腐れなどの欠点も取り除きます。

 

デザイナーズ戸建

 

是非、物件を見る際は様々な構造にも注目してみて下さい!

 

 

土地活用の悩みや、賃貸経営でのご相談など何かございましたら、是非とも宜しくお願い申し上げます。

担当:AM事業部  森田  TEL:092-791-8460