戸建賃貸エクリュと他社の比較 ~part01~

エクリュ次郎丸 おしゃれ

 

こんにちは、エクリュ担当の梶原です。

今回はエクリュと他社の戸建賃貸との違いをテーマにお話させて頂きます。

エクリュの外観はデザイナーズなので違いがあるのは当然ですが、

今回、お話しする”違い”というのは室内の仕上げのことです。

『室内の違いなんて大した差はない!』と思いの方、
意外と入居率に差が出るのはこういう所なんです。

戸建賃貸は、
やはり入居者さまの目線を持つことが最も大事なのです。

オーナー様が経営面の目線だけを持ってては
『戸建賃貸の経営は成り立ちません。』

それは戸建賃貸に住むのはオーナー様ではないからです。

入居者がいなければ当然、家賃収入は生まれない。

ここが肝心なのですが、意外と皆さまは忘れちゃいがちです。

入居者側の視点に立つことは、とっても大事なんです!

これを忘れないで欲しいと思っております。

 

 

【エクリュの入居率はなんと!99.2%!!】

この入居率は室内の仕上げを見比べて貰えますと、

ある程度は納得して頂けるのではないかと思います。

広さや間取りが、ほぼ同じである某メーカーの戸建賃貸。

見比べやすいように同じアングルの写真を撮影してきましたので、
他の戸建賃貸物件とエクリュを比較していただけたらなと思います。

自分が入居者になる場合はどちらを選ぶ??的な視点を持って
読み進めていただければ幸いです。
※写真は全て、左は他社の戸建て賃貸。右がエクリュの戸建賃貸です。

 

他社商品 

 

比較① 部屋を広く明るく魅せる工夫。

まず色のトーンが統一されていることに気付いていただけますか?

エクリュは壁も床もドアも”真っ白”です。
真っ白な部屋+明るさ、雰囲気。
この組み合わせは奥行きがあるように感じさせます。

ドアや窓なんかもエクリュの場合は、天井から床までの特注サイズです。 
だからスッキリ見えるのです。

 

 

他社の階段 

 

比較② デッドスペースの工夫。

デッドスペースが生じる場所は階段下だというのは、
ある程度お分かりいただけると思います。
階段下は一般的には収納スペースだと思います。

しかし、エクリュの場合は、
「1. オブジェ」
「2. 多目的なスペース」
として捉えてます。

いかがです?? ちょっとした雰囲気出ますよね?

階段下のスペースの使い方で、どちらの方が好みですか? 
本当に細かい部分ですがこういう所で印象の差が出るように思います。 

 

 

他社のキッチン 

 

 

比較③ キッチンの工夫。

料理をする主婦の方の目線に立った創り。
基本的にキッチンは他社よりも良い製品を選んでおります。

キッチン扉の面材や取っ手なんかには拘りを持って吟味を重ねチョイスしました。
そういった意味でも色合いだったり、全体の統一感を感じて頂けるのではないかと思います。

リビングやデッキでお子様が、遊んでいる光景が見渡せるような対面タイプのキッチン。

こういう工夫が主婦の方に届いて頂けるのか、
賃貸募集をかけると見学をした主婦の方には大好評を得ております。
主婦の方のゴリ押しが決め手になり、成約となることは少なくありません。 

 

 

~正直、今回のコラムだけでは、どうやら収まりそうもありません~

写真やネタはまだまだありますし、私自身もこれでは全然話し足りません(笑)

従いまして…

来週に他社比較のコラムを再度、書きたいと思います。

乞うご期待!!