中古戸建の懸念点について。

 
 
こんにちは、エスコンの森田です。
不動産投資を考える方が増える中で、戸建賃貸を検討する方が増えてきています。
 
所有している土地に新築で戸建を建てて経営を行う方や、
中古の戸建を購入して行う方など様々です。
 
どちらが良いかは、条件にもよりますが、
この2パターンについて今回はお話しします。
 
 
中古物件の一例を挙げさせていただきます。
木造で築古の戸建が、土地を路線価で計算すると、売り価格は土地値の約半分だったとします。
また、リフォーム代金150万を想定しても、高利回りが期待できる物件です。
 
デザイナーズ戸建
 
一見、良さそうな物件ですよね。
 
 
もちろん購入して、実際に貸し出した場合にうまく行く可能性はありますが、
懸念点を見過ごしてはいけません。
 
 
デザイナーズ戸建
デザイナーズ戸建
戸建賃貸 福岡
 
などなど、市場性と価格帯を的確に判断することは必須条件なのです。
 
 
 
この立地だと、駐車場二台は必ずいるなとか、
十分な擁壁工事が行われているのかなど注意して検討することが必要です。
 
家賃で投資費用回収しても、築古なので、建物を維持するのにお金がかかってしまうことや、
更地にして売却するにしても解体費用がかかることも知っておく必要があるでしょう。
 
 
 
 
新築で戸建を建てた場合は、初期投資費用は中古物件購入に比べるとかかってきます。
 
ですが、高家賃を期待できるのはもちろん、出口戦略も立てやすいですし、
上記で述べた、駐車場や擁壁の問題を勘ぐることはありません。
 
戸建賃貸
 
当然、市場性があるかどうかの的確な判断は必要ですので、
是非一度、ご相談ください。
戸建賃貸エクリュは、オーナー様のご期待に必ず沿うことができると思います!
 
 
 
土地活用の悩みや、賃貸経営でのご相談など
何かございましたら、是非とも宜しくお願い申し上げます。