中古の戸建賃貸について。

こんにちは、エスコンの森田です。

今日は、中古の戸建賃貸について話します。

これから戸建賃貸で不動産投資を考えている方にとっては、
色々悩むところだと思いますので、
是非、参考にして頂ければ幸いです。

中古の戸建賃貸には2種類あります。
一軒家を所有しており、もともと自宅として利用していた戸建を、
転勤等の理由で貸し出す場合と、
中古戸建付の土地を購入して賃貸で貸し出す場合です。

始めに、前者についてですが、
メリットとしては、やはり家賃収入を得られることだと思います。
住まなくなった自宅を貸し出すことで、
立地や築年数などの条件によっても違いますが、
ある程度の収入は見込めることになるでしょう。

デメリットとしては、入居者が決まらなければ、収入はないということです。
また、部屋が空室であっても、
建物と土地には毎年、固定資産税がかかりますので、
支出だけは免れません。

更に、建物は時間とともに劣化するので、
多くの住宅設備はいずれ故障の危機に陥るでしょう。
交換や修繕にかかる費用は貸主の負担なのです。
思っているより早く故障してしまうこともあるので、注意が必要です。

加えて、年数が経って建物が古くなれば、
家賃を減額しないと入居者が決まらなくなる場合が考えられます。
また、周辺環境の変化や賃貸物件の供給数の変化によって賃貸相場が変動して、
家賃を値下げせざるを得なくなることもあるのです。

シロアリ被害、床の落ち込み、配管の老朽化、
リフォーム工事をして商品化するまでの期間の長期化など、
デメリットが多い気がします。

みなさんが借りる側ならやはり綺麗なものを求めると思います。
特に水回りなど気になる方も多いのではないでしょうか。

戸建賃貸

そうすると家賃収入を得るためにはそれなりの設備投資は欠かせないのです。

後者は、プラス土地代がかかることを考えると、
手を出しずらいですよね。

そこで、戸建賃貸で不動産投資を考えていらっしゃる方には、
デザイナーズ戸建「エクリュ」を建てて頂きたいですね。
安定した収益と高い入居率を皆さん味わってみませんか。

戸建賃貸

土地活用の悩みや、賃貸経営でのご相談など
何かございましたら、是非とも宜しくお願い申し上げます。