「老後2,000万円!?」戸建賃貸で資産形成

早速ですが、、

 

”老後の資産形成として戸建賃貸エクリュをお勧めします!”

 

 

こんにちは、森田です。

 

6月初めに金融庁がまとめた老後を支える資産形成への取り組みを促した報告書が話題になっていますね。

 

「夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職の世帯では毎月の不足額の平均は約5万円であり、
まだ20~30年の人生があるとすれば、不足額の総額は単純計算で1,300万円~2,000万円になります。」

※報告書一部抜粋

 

え、2,000万円?そんなに必要なの?と思った方も多いのではないでしょうか、、、

この金額は求める生活水準によっても違いますのであくまで参考だと思ってください。

 

老後2000万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ現在、高齢者が急激に増えるなかで社会保障費が重荷になっているのが現実。。
さらに少子高齢化が進むでしょうから、私たちが受け取れる年金に期待はできませんよね。

 

つまり、自身が思い描いたセカンドライフを送るためには、

老後の生活を視野に入れた準備を行うことが大事なのです!

 

老後の生活を視野に入れた準備とは、少しでも良い運用先に投資を行い手元資金を増やしていくこと。

 

 

そして、、

 

良い運用先=不動産(戸建賃貸)      なのです!!

 

 

 

戸建賃貸エクリュ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

低金利時代の今日においては、昔のように銀行に預金をしていても利息はほとんどつきませんよね。

 

自己資本で行う他の金融商品とは異なり、不動産投資は融資を利用する事で少額の頭金で取り組むことができます。

そして家賃収入で借り入れの返済を行う為、毎月の生活費の中から老後の準備資金の為に資金捻出する必要がないのです。

 

 

不動産投資、土地活用、相続などお困りごとを解決いたします!

ぜひご相談くださいませ!!