コラム

  • ホーム
  •  >
  • インスペクションについて。

インスペクションについて。

2017.11.25

 

こんにちは、エスコンの森田です。

 

近年、インスペクションという言葉を様々なところで耳にします。
直訳すると「視察、検査、点検」という意味ですが、不動産業界では「住宅診断」という意味合いで用いられます。

中古住宅の売買で売主や買主が建物の状況を調査してもらうことは、売買時点の物件の状態を把握できることから、
インスペクションのニーズが高まっているのです。 

 

戸建賃貸

 

 

平成30年4月1日から建物状況調査の告知が義務化され、売買契約時の取引における重要事項の説明対象になります。
建物状況調査とは、住宅の基礎、外壁等に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等により調査することを言います。

そのことによって、既存住宅の流通にどのような影響が考えられるでしょうか?
 

国土交通省は、宅建業者がインスペクションの活用を促すことによって、瑕疵によるトラブル防止を期待していますし、
少なくとも瑕疵によるトラブルが徐々に減っていくのではないのでしょうか!

 

 

 

 

中古住宅の取得については、居住用として購入される方もいますし、投資用として購入する方もいます。
今回は、中古住宅の取得に踏み切れない理由を3つご紹介致します。

 

1.リフォーム費用が掛かる

デザイナーズ戸建

居住用でも賃貸用でも最低限の改装は必要です。
例えば賃貸用として考えたときに、多額の費用をかけてリフォームをしても、
賃料を上げて、必ずしも借りてが付く保証はどこにもありません。 

 

 

 

2.隠れた瑕疵が心配

戸建賃貸 福岡

隠れた瑕疵とは、通常人が注意をしても発見できないような瑕疵のことを言います。
目に見えないものですので、突然の雨漏り見舞われることもあります。

 

 

 

3.設備等の老朽化が不安

賃貸戸建 福岡

給湯器の寿命はおおよそ10年くらいと言われています。
故障によって急にお湯が出なくなることも考えられ、修理代もばかになりません。

 

 

 

 

建物状況調査の告知によって、安心して既存住宅を購入できる環境への変遷が期待できるとはいえ、
不安要素から新築住宅を選ぶ方が多いのは必然なのかもしれません。

実際に中古住宅のリスクを鑑みて、賃貸戸建エクリュを建てて頂いた方も少なからずいらっしゃいます。
インスペクションの観点についてもお客様にしっかりお伝えして、お客様に合ったご提案をすることが重要だと改めて感じました。

 

戸建賃貸 福岡

 

 

 

また、土地活用の悩みや、賃貸経営でのご相談などございましたら、エスコンまでお願い致します。

エスコン担当 伊藤・森田 TEL:092-791-8460

 




Pagetop

Copyright(c) 2007-2010 ESCON Corporation All right reserved.

ホームページ制作 福岡